紅葉の桂離宮

2005年11月下旬に紅葉の桂離宮に行きました。まだプログ開設前でしたので、なかなかアップできませんでしたが、あまりに綺麗だったので、写真だけですアップします。(空き容量が許す限り) あれから6年。抽選の壁がありますが…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

嵯峨祭りとお知らせ

嵯峨祭り還幸祭 愛宕、野宮両神社の祭礼で、には、神輿、剣鉾がが嵯峨野一帯を巡行します。私は丸太町通り西に入ったところで見ました。 剣  鉾 ここまで車で来られました。パトカーに先導されて。 清滝街道から歩いて一緒にきましたが、午前中に雨が降ったので、今年は中止かなと思ってしまいました。 神  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

妙心寺退蔵院へ 

夕方に花園からの帰りに妙心寺退蔵院に行きました。 この退蔵院には画聖がつくった室町時代の庭と昭和の名園があります。 ここは何度か来てますが夕方に訪れたのは初めてです。 元 信 の 庭 方丈西側に狩野派の絵師狩野元信の作庭したと伝わる枯山水庭園。 手 水 鉢 方丈縁先に自然石をくりぬいて造られている。 方…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特別拝観の東寺観智院へ

3月20日(日)~5月25日(水)、春の特別拝観として東寺五重塔内部・宝物館・観智院が見られるので観智院だけ見に来ました。 前々から行きたかったんですが、やっと来られました。 5月20日、桂離宮の後、東寺には昼前に着きましたが、中は観光バスが沢山止まっており次から次から修学旅行生が来てました。  真…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嵐山高雄パ-クーウェイの展望台へ

嵐山高雄パークウェイにはいくつか展望台がありますが、今日は二カ所(菖蒲ヶ丘展望台と保津峡展望台)寄ってみました。 菖蒲ヶ丘展望台 京都市街地の眺望。遠くは桂離宮や伏見桃山城まで見えるみたいですが、霞んでました。 昨日は黄砂でもやってましたが、今日は青空が広がっていたのに少し残念です。 保津峡展望台 4月1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

多宝塔特別公開の神護寺へ

高雄の京都市営駐車場を出て、嵐山高雄パークーウェイに入り、高雄口にある大駐車に車を止めて神護寺に向かいました。 神護寺には駐車場が無く、国道162号線沿いの駐車場を利用するか清滝川沿いにあるホテルや旅館の駐車場を利用するしかありません。 神護寺の多宝塔にある、国宝・五大虚空菩薩坐像が公開されているため見に行きました。 この多…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松尾大社松風苑へ

松尾大社は京都最古の神社で、太古の昔この地方に住んで住民が、松尾山の神霊を祀って生活守護神としたのてが始まりと言われてます。 その松尾大社の松風苑には三つの庭園があり、昭和を代表する作庭家の重森三玲氏によるもので、今日はそれを見に来ました。 拝 殿 醸造祖神として特別な尊崇を受け、全国の酒造業者から奉納された酒樽が…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

世界文化遺産 高山寺(こうざんじ)へ

栂 尾 山 高 山 寺 今朝、車で高山寺に行きました。 高山寺は1994年(平成6)に「世界文化遺産」に登録された京の古刹です。 周山街道ぞいの高雄(尾)・槇尾(まきのお)・栂尾(とがのお)は、三尾(さんび)と呼ばれ、京都でも屈指の紅葉の名所で知られています。その三尾の谷にそれぞれ神護寺・西明寺・高山寺が建ち、その3寺を結ぶのが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

テレビドラマロケ地を訪ねて(白川辰巳大明神前)

得淨明院に行きと帰りに白川辰巳大明神の前を通りました。 もとは御所の辰巳の方角を守るため祀られたが、今では芸舞妓さんが芸事の上達を祈って訪れるようになったと言う。 この前は京都を舞台にしたサスペンスドラマに度々登場するので、写真を見てお分かりかと思います。 巽橋 ここもよく使われます。 今年…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

テレビドラマロケ地を訪ねて(知恩院前の白川柳のほとり)

得淨明院を出て、再び西へ向かい、知恩院古門をくぐると白川に出ます。 華頂通りから知恩院古門を見る(西向き) 古門をくぐり、白川に出るとどこかで見たことがある風景が。 名取裕子さん主演の「京都地検の女」や、京都を舞台にしたサスペンスものによく登場します。 一本橋(行者橋) 近所の人でしょうか、普通に渡ってました。私…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特別拝観の得淨明院へ

今日は、得淨明院へ行く予定にしてましたが、朝天気予報で気象庁発表のとウイザーニュース発表ので雨と晴れに分かれどっちを信用するか でも今日しか行けないので出掛けました。 結果降らなかったけど、京都競馬場では降ったみたいで、引き分けかな?  桜の時期に訪れた白川を通り、法然上人800年大遠忌…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長神の社へ、シャガと百人一首歌碑めぐり

常寂光寺から二尊院前を通って帰る途中、長神の社でシャガが綺麗に咲いていましたので、寄ってみることに。 小倉百人一首発祥の地である嵐山嵯峨野に、歌碑が整備されています。例えば亀山地区に49首・嵐山東地区に21首など、この長神の社地区では19首の歌碑があります。 二尊院の手前にあるわけなんですが、殆どの観光客は素通りされます。{…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特別拝観の常寂光寺へ

4月29日~5月5日まで、通常非公開の「本堂書院中庭」を拝観料300円で特別に公開されました。拝観料は、全額東日本大震災義援金として寄付されるようです。 昨日、散歩で常寂光寺の前を通りこの特別拝観を知りました。もし今日黄砂が収まったら遠出する予定でしたが、まだまだけむっていたので、近場の常寂光寺へ行きました。 山 門 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

黄砂にかすむ八坂の塔

京都は、今年初めての黄砂が観測されました。 朝からなんとなく空が黄色に染まって、予報どおり黄砂がやってきんだなぁと思ったしだいです。 昼休みに黄砂と八坂の塔を撮ってきました。 29日と写真と比べてみると一目瞭然、晴天なのに・・・。(今日も八坂の塔拝観してました) 今日は月曜日で平日なんですが、八坂の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八坂の塔(法観寺)へ

臨済宗建仁寺派 霊應山 法観寺 八坂の塔は通称で、正式には法観寺と言います。六道珍皇寺から山手に登ったところにある八坂の塔。今日からGWに入ったので多分拝観してるかも思い訪れましたが、予想どおり拝観してました。 創建は古く飛鳥時代の聖徳太子で589年という。その後度々戦火や落雷により焼失し、現在のは室町…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特別拝観の六道珍皇寺へ

建仁寺大統院を出て、次に六道珍皇寺に行きました。 この辺りは昼休みに歩いているので抜け道を利用して最短距離で 徒歩3分で着きました。 山門の前に臨時拝観受付所が出来てました。受付の人に確認したところ、通常は境内自由参拝できますが、この4月29日~5月8日まで拝観料800円が必要で自由に入ることは出来ませんので…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

建仁寺大統院へ

平成23年度京都春季非公開特別公開(4月29日~5月8日)が、今日から始まりました。 さっそく天気に恵まれたこともあり、建仁寺大統院・六道珍皇寺に行ってきました。4月2日の昼休み、事前に大統院の場所は確認していたので、迷わずに行けました。 表門までの模様はこちらをご覧下さい。→http://68971846…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

隠れ紅葉の名所・護法堂弁財天へ

 3月29日に紹介した鳥居本八幡宮より、北へ少し登ったところに、隠れ紅葉の名所(殆ど無名ですが)と言われる護法堂弁財天があります。 京都バス「護法堂弁天前」停留所から横道に入ると直ぐです。写真は清滝方面のため、この停留所は京都駅か三条京阪行きになります。 帰ってから知ることになるんですが、ここは紅葉…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

嵐電嵐山駅と「江」砂像

毎日、通勤時のバスの中から嵐電嵐山駅前に何やら像らしきものができたのは分かったていましたが、4月22日の京都新聞に『関西広域連合を通じて京都市と交流を深めている鳥取市の協賛で因幡地域の観光PRとして初めて企画。鳥取砂丘から運んだ2トンの砂を「砂の美術館」(鳥取市)の砂像マイスターが3日間かけて制作した。5月8日まで展示。』という記事が載…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松尾大社の山吹7分咲き

今朝、松尾大社の山吹が見頃になったので、見て来ました。 松尾大社は山吹の名所として知られ、境内には約3,000株の山吹が植えられています。 毎年4月中下旬になると松尾大社境内を横切る一ノ井川のほとりの山吹が、水面に黄金の花を咲かせます。 大 鳥 居 四条通りの突き当たりに松尾大社大鳥居があります。 阪急松…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more