古寺とお城の旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 特別拝観の東寺観智院へ

<<   作成日時 : 2011/05/21 20:29   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

3月20日(日)〜5月25日(水)、春の特別拝観として東寺五重塔内部・宝物館・観智院が見られるので観智院だけ見に来ました。 前々から行きたかったんですが、やっと来られました。

5月20日、桂離宮の後、東寺には昼前に着きましたが、中は観光バスが沢山止まっており次から次から修学旅行生が来てました。 


真言宗総本山 東寺 別格本山 観智院


観智院は東寺一山の勧学院(大学の研究室のようなもの)にあたり、東寺の三宝といわれる頼宝と杲宝と賢宝のなかの杲宝五大虚空菩薩を本尊として観智院を創建した。


東寺北大門

画像
東寺食堂の北側にある北大門から出て、北総門までの参道を少し上がったところに観智院はあります。

画像
明日21日が弘法市のためか、車が沢山止まっており、見えませんが突き当たりが北総門、左は佐々木蔵之介さんや森脇健児さんの母校・洛南高校


山 門

画像
普段は閉まっている門も特別拝観時は開いてます、当然ですが 毎月21日の弘法市(弘法さん)の時、ここの前を通りましたが開いてました。弘法市の時も拝観しているのでしょうか? 確認してませんが。


国宝・客殿と拝観受付所

画像
客殿は1605年(慶長10)の再建で桃山時代の書院造りとなってます。 客殿全景の撮影は不可能で、また、観智院内部は撮影禁止となっており、庭のみ撮影がOKと至ところに書いてあります。 山門をくぐって右側を進めば拝観受付所があります。 共通券がお得ですが、私は観智院のみの拝観としました。


蹲 踞

画像
客殿玄関にあります。


入って直ぐに、「床の間」「五大の庭」を見ましたが、「仏殿」にてガイドさんから説明が始まってましたが、初めから聞きたかったので、最初の「床の間」でずっと待ってましたが、始まる気配がないので、「床の間」から「五大の庭」「仏殿」「書院」を先に廻りました。 帰り際に10名程度の団体さんが入ってきたので、再び「床の間」から説明が始まったので説明を聞くため一緒に廻ることに。


「床の間」(鷲の図)

剣豪・宮本武蔵が、「一乗寺下り松」の吉岡道場一門と決闘の後に,報復から身を隠すために観智院に3年間隠遁したという縁からのようで、「鷲の図」「竹林の図」がありましたがかなり損傷してました。


五大の庭

画像
画像
画像
客殿の前庭でガイドさんの説明によると空海が唐より帰国するときを描いたもので、1977年(昭和52)の作庭との説明がありました。


「本 堂(仏 殿)」五大虚空坐像(重要文化財)・愛染明王像

先日訪れた、神護寺の「国宝・五大虚空坐像」と違って、唐の長安の青龍寺の金堂の本尊であったものを、874年空海の孫弟子にあたる恵運が唐から請来した像です。右から獅子・象・馬・孔雀・金翅鳥の上の蓮華座に乗ってます。 

写真は撮れませんが、東寺のHPに乗ってます。→http://www.toji.or.jp/kanchiin.shtml

次に「書院」に向かいますが、その前に枯山水の庭があります。


四方正面の庭(桃山時代)

画像
画像
ガイドさんの説明によると、創建当時から残る庭だそうです。


楓泉観(茶室)前の庭

画像
画像
画像
上、庭全景  中、蹲踞  下、手水鉢


中 庭

画像
画像
説明が無かったんで詳細は不明ですが、この前の書院では有料で抹茶と和菓子をいただくことができる有料席の前にありました。

ここは今日だけかも知れませんが、ガイドさんが一人なんです。他の寺院では要所に一人説明のガイドさんがいますが、一人のため戻ってこられて暫く時間が空いてしまうんですね。 しかし説明を聞いて良かったです。長い時間かけて説明してくれるので。 だだ五大虚空坐像のところで、「五大横一列に並んでいるのがここ観智院だけです」と案内してましたが、先週神護寺に行っているので、「?」

なお、朱印は東寺・食堂でしてもらえます。神護寺での五大虚空坐像の説明で東寺観智院にもあることを知り今日見にきた次第です。

帰り朱印のため食堂に寄ったんですが、「藍友禅 橋詰清貫の世界」展やってました。

なお、秋季特別拝観は、9月20日〜11月25日まで、興味あるかたはどうぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
東寺観智院ですか。大きなお寺は別院だけでも沢山ありますね。それぞれが特別拝観をしている訳ですから、すごいです。
一つ一つお寺が、歴史を伝える為に努力して維持している様子が伺えます。それぞれの庭に趣がありますね〜。
ミクミティ
2011/05/22 14:45
ミクミティさんへ、いつもコメントありがとうごいます。
方丈前の「五大の庭」や客殿内の「宮本武蔵の墨絵」「中国で造られた五大虚空坐像」など見所一杯ありました。
まーぴか
2011/05/22 20:13
これはまた素敵なお庭ですね。砂の文様がいいです。拝見してたら行きたくなりました。もしかして、亀池の所のお寺ですか?
京都もまだまだ知らない場所があります。紹介いただいて有難うございます。
みずがめ
2011/05/23 22:08
みずがめさんへ、いつもコメントありがとうごいます。
北大門を出て洛南高校の向かいです。弘法さんの前日に行ったので、車が沢山止まって明日の準備されてました。特別拝観はガイドさんの説明があり、由来など詳しく聞けて良かったです。
まーぴか
2011/05/24 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別拝観の東寺観智院へ 古寺とお城の旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる