古寺とお城の旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 多宝塔特別公開の神護寺へ

<<   作成日時 : 2011/05/17 05:59   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

高雄の京都市営駐車場を出て、嵐山高雄パークーウェイに入り、高雄口にある大駐車に車を止めて神護寺に向かいました。

神護寺には駐車場が無く、国道162号線沿いの駐車場を利用するか清滝川沿いにあるホテルや旅館の駐車場を利用するしかありません。

神護寺の多宝塔にある、国宝・五大虚空菩薩坐像が公開されているため見に行きました。 この多宝塔内部は年間6日しか公開されません。


嵐山高雄パークウェイの大駐車場を出ると清滝川に向かって階段を下ります。下りきったところに清滝川が見えその先の高雄橋を渡ります。


高 雄 橋

画像
朱塗りの欄干が秋の紅葉時、ライトアップに映えます。


神護寺参道

画像
ここから登りが始まりす。自然石のため登りづらくかなりハードです。


楼 門

画像
青モミジの映える楼門。ここの左手に拝観受付があります。拝観料500円+特別拝観料500円。 特別拝観の多宝塔は10時からでしたが、ここに着いたのが10時前になってましたので先に多宝塔を目指すことに。 高雄橋から約7分で着きました。


神護寺境内

画像
境内には人影もなく閑散としているように見えますがたまたまでした。 後述しますが、多宝塔は沢山の人がきてました。


金 堂

画像
画像
画像
1935年(昭和10)の竣工。この金堂の向かって左手に多宝塔に通ずる道があります。


多 宝 塔

画像
画像
画像
金堂と同じ1935年(昭和10)の竣工。残念ながら内部は撮影禁止でしたが、幻想的な雰囲気もありとても撮れる雰囲気じゃなかったです。特に説明はありませんが、希望を言えば説明されます。内部は10人も座れば一杯になるほど狭いです。


国宝・五大虚空坐像

漆黒の須弥壇の上に、かつて極彩色だったであろう五大虚空坐像が横一列に並んでいました。向かって右から緑色・赤色・白色・黒紫色・黄色、いずれも檜の一木造りで、863年(承和3)からあしかけ10年で造像されたと伝わってます。

五大虚空坐像の模様は、神護寺のHPで見られます。→http://www.jingoji.or.jp/ 
次の秋の公開日は、10月8日〜10月10日です。 

多宝塔を出て、かわらけ投げをしに錦雲峡へ。


売 店

画像
ここでかわらけ投げ用の素焼きの盃を購入します。


錦 雲 峡

画像
画像
この谷に向かって厄除けを祈願し盃を思いっきり投げます。今日は逆風が強くて前には飛ばなかったけど、谷には落ちて行くのが見えました。 皆さんワイワイガヤガヤ楽しそう。


かわらけ投げを楽しんだあと、境内を散策。


五 大 堂

画像

毘沙門堂

画像

大 師 堂(重要文化財)

画像


山門前の座椅子で休憩したあと帰路へ、今回は西明寺には寄りませんでした。高山寺と神護寺、結構階段を登ったんで、少々お疲れ。


清 滝 川

画像
ここから遊歩道を利用すると清滝まで約7.5`と書いてありました。歩けない距離ではないので、今度バスで来て帰り歩いて帰ってみようかな

画像
向かって左に行けば西明寺や高山寺に向かう道。 右側は国道162号に出る道。結構しんどい階段を帰りは登ります。 国道162号線に出てそれから大駐車場にさらに階段を登るので、登りきってから自動販売機で飲み物を買いイッキ飲み 美味しかった。

帰りは嵐山口から、途中いくつかの展望台で風景を楽しみましたが、その模様は後日で。


昨年の神護寺の模様はこちらをご覧下さい。

http://68971846.at.webry.info/201006/article_2.html

http://68971846.at.webry.info/201006/article_3.html

http://68971846.at.webry.info/201006/article_4.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
神護寺の多宝塔や五大虚空坐像、素晴らしいでしょうね。まさしく日本の宝。そういうお宝を見れる瞬間は幸せですよね。
また、天気の日のかわらけ投げも楽しそうだな。やっぱりいい所ですね。行ってみたいです。
ミクミティ
2011/05/17 23:08
ミクミティさんへ、いつもコメントありがとうごいます。
しんどい階段を登ったかいがありました。 年間6日しか公開されないので、当日晴れて湿気もなくいいものを見られて本当に良かったです。 ここに来たら必ずかわらけ投げはやります。今日も沢山の人が谷に向かって投げてました、気持ち良かったですよ。
まーぴか
2011/05/18 06:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
多宝塔特別公開の神護寺へ 古寺とお城の旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる